プロポーズのバラ:愛と美しさを象徴_ふさわしい本数

2024.05.11 / Bloom

プロポーズのバラ:愛と美しさを象徴_贈り物にふさわしい本数について、

ご紹介します。

バラは、古代から愛と美しさの象徴とされてきました。

恋愛にまつわる花言葉も多いバラは、

恋人に贈る定番の花でもあります。

そんなバラは本数によっても意味があることをご存じでしたか?

ここでは、バラの本数が語る愛の深さ、

贈る際のマナー、避けるべき本数とその意味、

そしてバラの本数と色の組み合わせの意味を解説します。

記事の最後には、思い出のバラをいつまで美しく楽しめるぶるーむのアイテムをご紹介します。

■本記事の監修■

ぶるーむは、ウエディングブーケやプロポーズ花束の保存加工専門会社です。

花嫁様が結婚式で使った生花の花束やプロポーズの花束を、

特殊な押し花加工で半永久的に保存をします。

ぶるーむのホームページはこちらです

ぶるーむのECサイトはこちらです

ぶるーむのインスタグラムはこちらです

アフターブーケ(ぶるーむ)

■本記事はこんな方におすすめです■

  • バラの本数別の意味を知りたい方
  • バラを贈るマナーとして贈る本数の意味を知りたい方
  • 大切なバラをいつまでも美しく保存しておく方法を知りたい方

目次

プロポーズ成功の心構え(まとめ)

プロポーズは人生の大切な瞬間の一つであり、

成功させるためにはしっかりとした心構えが必要です。

愛の深さを相手に伝えるための前提条件を理解しておくことが、

その成功への鍵となります。

■相手を深く理解する:

プロポーズ成功のためには、まず相手のことを深く理解していることが必要です。

相手の好きなもの、価値観、生活スタイルを尊重し、その上で自分の気持ちを伝える準備をします。

■適切なタイミングの選択:

プロポーズはタイミングが非常に重要です。

相手がリラックスしている時や、二人にとって意味のある特別な日を選ぶことが望ましいです。

また、

相手の現在の人生の状況がプロポーズを受け入れる準備ができているかを見極めることも重要です。

■誠実さと真剣さを持って接する:

自分の真剣な愛情を伝えるために、言葉選びに注意し、

心からの言葉で感情を表現します。

軽はずみな態度や不安定な表現は避け、誠実で真摯な態度で接することが大切です。

■プライベートな環境を選ぶ:

大勢の前でのプロポーズも効果的な場合がありますが、

プライベートで静かな環境で行う方が、お互いの感情をじっくりと確認し合えるため、

深い繋がりを感じやすくなります。

■未来のビジョンを共有する:

自分が考える未来の生活や夢、目標を相手と共有することで、

一緒に未来を歩んでいくための具体的なビジョンを提示します。

これにより、プロポーズが具体的かつ説得力を持つものとなります。

これらの前提条件を整えることで、プロポーズはより心に響くものとなり、

成功へと導かれる可能性が高まります。

愛の深さを伝える準備をしっかりと行い、心からのプロポーズを目指しましょう。

アフターブーケがおすすめな理由はこちらです!

アフターブーケとは:おすすめのアフターブーケ

アフターブーケ(押し花アート)は、いつ届く?何年持つ?

アフターブーケを後悔しない方法(ぶるーむ)

アフターブーケ(ぶるーむ)

バラの本数が語る愛の深さ

ギリシャ神話では、

バラは愛と美の女神・アフロディーテから生まれた花とされています。

アフロディーテが生まれたとき、

海の泡から彼女が現れた際に、

その泡から最初のバラが咲いたと言われています。

赤いバラは、

アフロディーテが恋人アドニスを救おうとした際に、

彼女の流した血から生まれたと言われているのです。

その伝説が由来となり、赤いバラには情熱的な花言葉が付いているそうです。

色によっても愛情にまつわる意味をはじめポジティブな意味を持つバラは、

本数によっても愛の深さを語る意味を持つ花です

そんなわけで、本数が語る愛の深さを紹介しましょう。

1本から108本までの意味

  • 1本 : 一目惚れ
  • 2本 : 二人だけ
  • 3本 : 告白、愛しています
  • 6本 : 夢中、わたしを信じて
  • 7本 : 密かな愛
  • 10本 : 完璧な愛
  • 11本 : 最愛
  • 12本 : あなたを思う、毎日愛している
  • 15本 : ごめんなさい
  • 20本 : 心からの真実
  • 24本 : 24時間、いつもあなたを思っています
  • 36本 : 恋しい毎日
  • 40本 : 真実の愛
  • 50本 : 無条件の愛
  • 66本 : 変わらぬ愛
  • 77本 : 幸福な愛
  • 88本 : 多大な謝罪
  • 99本 : 永遠の愛
  • 100本 : 100%の愛、完璧な愛情
  • 108本 : プロポーズ

バラを贈る際のマナー

バラは、優雅な美しさと香りでたくさんの人々を魅了し、

さまざまな感情を伝えるために贈り物にされる定番の花です。

そんなバラは、贈る場面によって、特別な意味を持つ本数があります

ここでは、それぞれの場面にふさわしいバラの本数と意味について解説します。

愛の告白に贈るバラの本数

愛の告白に定番の花であるバラは、本数によって、その熱意や真剣さを象徴できます。

■愛の告白に最適な本数■

  • 1本 : 一目惚れ
  • 3本 : あなたを愛しています
  • 12本 : 結婚してください
  • 108本 : 結婚を申し込む(最強の愛の証明となる本数)

もし恋人とけんかをしてしまったのなら15本のバラを贈りましょう。

15本のバラは「ごめんなさい」という意味です。

言葉では言えないメッセージをバラの本数に託してみてはいかがですか。

愛の告白にバラを贈る際は、

この伝統的な意味を踏まえ、

相手への敬意と愛情を表現するために、

慎重に本数を選ぶことがマナーと言えます。

お誕生日やお祝いに贈るバラの本数

お祝いの気持ちをより豊かに表現したい場合には、こんな本数を選びましょう。

■お祝いにふさわしい本数■

  • 10本 : 完璧な幸福、あなたの幸せを願っています
  • 20本 : 誠実、あなたへの誠実な祝福
  • 50本 : 無条件の祝福、変わらぬサポート
  • 60本 : 成功と幸運、あなたの成功を祝して
  • 100本 : あなたの幸せを心から願っています

お誕生日に歳の数だけのバラを贈るのは、

愛情表現だけでなく、「おめでとう」という祝福のメッセージを伝える手段としても最適です。

これは、相手の新しい歳を祝福し、

過ごしてきた年月への敬意と祝福を伝えられます。

お礼や感謝を込めて贈るバラの本数

お礼や感謝を込めて贈る際も、

バラには、選ぶ本数によって独自の意味があります。

感謝の気持ちを伝えるには、

相手への思いやりや感謝の深さに応じて本数を選びましょう。

■お礼や感謝に最適な本数■

  • 1本 : 心からの感謝
  • 3本 : 深い感謝
  • 10本 : 完璧な幸福への感謝
  • 20本以上 : 計り知れない感謝
  • 36本 : 心からの尊敬と感謝

本数を選んでバラを贈ることは、

言葉だけでは伝えきれない豊かな感情を形にできる方法の一つです。

お礼や感謝の場面では、本数の意味を理解し、

贈る相手の個性や関係性に合わせて選ぶと、

より相手に気持ちを伝えられます。

バラを贈ることが特別なのは、その本数に込められた意味が、

受け取る人にとって忘れられない思い出を作るからだということも一理あると覚えておきましょう。

お悔みに贈るバラの本数

通常、お悔みのバラは控えめな色合いが選ばれがちです。

それだけではなく、本数によっても、その気持ちを明確に伝えられます。

■故人をしのぶ本数■

  • 1本 : 心からの哀悼
  • 3本 : 哀しみの中の絆
  • 12本 : 故人への深い敬意と感謝
  • 24本 : 永遠の記憶

お悔みのバラの本数には、失った人への深い愛情と尊敬の気持ちが込められており、

静かながらも力強いメッセージとして届きます。

選ぶ本数によって、故人との思い出を大切にし、

その生涯をたたえることができるのです。

アフターブーケ(ぶるーむ)

プロポーズの赤バラ:なぜ赤バラが選ばれるのか

赤バラがプロポーズで選ばれる理由は、

その豊かな色彩と深い象徴的意味にあります。

赤バラは「情熱的な愛」を象徴し、

長い間、恋愛やロマンスの最も強力なシンボルの一つとされてきました。

この花は、愛する人への深い愛と献身を表現するのに最適な選択とされ、

特別な瞬間に感情の真剣さと永遠の絆を伝える力を持っています。

また、赤バラはその美しさと優雅さで知られ、

プロポーズのような記憶に残る瞬間に華を添えます。

その鮮やかな赤色は情熱と真剣な愛情の強さを象徴し、

提案される言葉と共に強い印象を残すため、

多くの人に選ばれています。

プロポーズに赤バラを用いることは、

この重要な機会に永続的な印象とロマンチックな雰囲気を加えるための美しい方法です。

アフターブーケ(ぶるーむ)

赤バラの象徴する愛の意味

赤バラが象徴する愛の意味は、

深く、情熱的であり、時には犠牲を伴うことも含みます。

赤バラは古来から「情熱的な愛」のシンボルとして広く認識されており、

その鮮やかな赤色は強い感情を表現するのに適しています。

特に、ロマンスや愛情の深さを表すのに用いられ、

愛する人への深い愛と献身を伝えるための最も強力な方法の一つです。

この花が持つ色の強さは、

恋愛における情熱だけでなく、

耐える力や永続性も象徴しています。

愛が困難や試練に直面したときでも、

その強さと持続性を保つことの重要性を示唆しています。

赤バラを贈ることは、単なる恋愛の告白以上に、愛の真剣さや結びつきの強さを示す行為となり得るのです。

また、赤バラは「尊敬」と「敬意」の感情も表すことがあり、

愛する人への敬愛や、

その人物が自分の人生においてどれほど大切で価値のある存在であるかを示します。

このように、赤バラは多層的な愛のメッセージを持つ花であり、

プロポーズや記念日など、

特別な瞬間に感情を豊かに伝えるための理想的な選択とされています。

アフターブーケ(ぶるーむ)

プロポーズに最適な赤バラの選び方

プロポーズに最適な赤バラを選ぶ際には、

いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。

これらのポイントは、感動的で記憶に残る瞬間を作り出すために役立ちます。

■鮮度を確認する

新鮮な赤バラを選ぶことは非常に重要です。

花びらがしっかりと閉じており、

しなやかで、枯れた部分がないものを選びましょう。

茎の切り口が新しく、葉が生き生きとしているものが理想的です。

■色の深さをチェックする

色の深い赤バラは情熱と愛を象徴します。

色が一様に濃く、鮮やかな赤色を選ぶことで、強い愛情を伝えることができます。

■花の大きさと形

大輪のバラは豪華で目を引きますが、

プロポーズには手に持ちやすいサイズ感のバラを選ぶことも重要です。

花の形が美しく整っているかもチェックしましょう。

■香りを考慮する

バラの香りはその瞬間を一層ロマンティックに演出します。

自然なバラの香りが強いものを選ぶことで、

プロポーズの雰囲気を高めることができます。

■花言葉を意識する

赤バラの花言葉は「愛情」「情熱」「あなたを愛します」です。

この花言葉を意識してバラを選ぶと、

プロポーズの意図をより明確に伝えることができます。

■準備

プロポーズ用の赤バラは、美しくラッピングされているとさらに印象的です。

専門のフローリストにラッピングを依頼するか、

エレガントなリボンで飾ることで、特別感を出すことができます。

これらのポイントに注意して赤バラを選ぶことで、

プロポーズが成功へと導かれるよう心を込めて準備することができます。

最適な赤バラを選んで、大切な瞬間を美しく彩りましょう。

アフターブーケ(ぶるーむ)

プロポーズの言葉:赤バラと共に伝えるべき言葉(ポイント)

プロポーズの言葉は、赤バラとともに愛の深さを伝える重要な要素です。

赤バラが情熱的な愛を象徴するように、

言葉も心からの感情を表現する必要があります。

ここに、赤バラを添えて伝えるべき、感動的なプロポーズの言葉の例をご紹介します。

恥ずかしいかもしれませんが、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

■愛の確認

「君がいることで、毎日がとても特別で、これまでの人生で最も幸せな時間を過ごしていることに気づいたよ。」

■未来への約束

「これから先、どんな時も君を支え、君と共に笑い、時には一緒に涙することを約束する。」

■深い愛情の表現

「この赤バラのように、私の愛も情熱的で、変わることのないものだ。君に出会えて、本当に僕は幸せだ。」

■具体的な提案

「この美しい赤バラの花びら一枚一枚が、僕の君に対する愛の深さを象徴している。永遠に君と共に歩むことを誓いたい。結婚してくれませんか?」

■感謝の気持ち

「いつも僕のそばで支えてくれてありがとう。君がいるから、僕は自分が本当にしたいこと、大切なことが何かを知ることができた。」

■愛の確信

「君と過ごす時間、君の笑顔、君の優しさに、毎日が愛おしく、もっと君のそばにいたいと思う。」

これらの言葉は赤バラを手にして伝えることで、

よりロマンティックで心に残るプロポーズとなるでしょう。

言葉一つ一つに心を込めて、二人の特別な瞬間を形作ってください。

当社のホームページはこちらです!

当社のECサイトはこちらです!

インスタグラムはこちらです!

アフターブーケ(ぶるーむ)

バラを贈る際にタブーとされる本数と意味

バラを贈る際には、その本数に込められた意味に注意を払う必要があります。

理由は、国の文化によって、特定の数字が不吉な意味を持つとされ、

そのような数字の本数はタブーをされているからです。

タブーとされる本数を贈ることは、

「悪意がある」などと意図せずに誤解を招くリスクがあるため慎重に選ぶべきです。

以下に、好まれない本数とその理由を解説していきます。

アフターブーケ(ぶるーむ)

西洋文化は13本を好まない

西洋文化で13という数字が不吉とされる理由は、

いくつかの伝説に由来しています。

一説には、キリスト教の「最後の晩餐」です。

キリスト教の伝承では、イエス・キリストとその12人の使徒が最後の晩餐に集まったとき、

13人目の参加者であったユダがイエスを裏切った。

このため、13人の集まりは不吉とされ、

13という数字が不幸や裏切りの象徴となったのです。

また、古代北欧神話にも関連する説があります。

12人の神々の宴会に未招待の13人目の神ロキが現れ、

結果的に神々の中で最も美しく、知恵と正義、

そして純潔さを象徴する神バルドルの死を引き起こすという物語です。

この神話も13の数字に負のイメージを与える一因です。

これらの伝承は、西洋文化では「13=不吉」という考え方に大きく影響を与えています。

これにより、贈り物としての13本のバラも、

避けられるべきものとされているのです。

アフターブーケ(ぶるーむ)

アジア文化圏は4本を好まない

アジア文化圏で4本のバラを贈ることが避けられる理由は、

数字「4」が不吉とされているからです

とくに中国、日本、韓国などの国々では、

4(四)の発音が「死」と同じまたは似ているため、

この数字は避けられがちです。

たとえば、

病院の部屋番号、ビルの階数、住宅の住所などでさえ、

アジア文化圏では4を避ける傾向にあります。

数字「4」の発音がもたらす暗示からくる背景が、

4本のバラを贈ることのタブーとされている理由です。

特別な意味がなければ過度に少ない本数は避ける

バラを贈る際に過度に少ない本数は避けるようにしましょう

バラは通常、愛情、尊敬、感謝など、強い感情や深い意味を伝えるために贈られます。

贈る本数が少なすぎると、その意図が十分に伝わらないか、

あるいは贈り物としての価値が低いと受け取られる心配もあります。

たとえば、

1本や2本のバラを贈る場合、それが特別な意味を持つ場面であるとか、

贈る人と受け取る人との間で共有する意味がある場合は、

数が少なくてもません。

しかし、大切な記念日など胸いっぱいの気持ちを伝えたい場合には、

より多くの本数を選ぶことが一般的です。

贈り物としてのバラは、特定の意味がない場合は見た目の豪華さや美しさも重要な要素です。

少数のバラでは、その美しさが十分に伝わらないこともあります。

とくにお祝いや感謝の気持ちを表す場合、

その瞬間を特別なものにしたいなら、

本数が少なすぎるとその努力が十分に伝わらないこともあるので、気を付けてください。

当社のホームページはこちらです!

当社のECサイトはこちらです!

インスタグラムはこちらです!

アフターブーケ(ぶるーむ)

バラの本数と色の組み合わせの意味

多種多様なバラは、さまざまな色があります。

バラは色によっても意味があり、

バラを贈る際は色や本数を考えることで、

贈る相手に対する細やかな思いやりや、

深い愛情をより豊かに伝えることができます。

赤いバラ:愛情、情熱、美しさの意味

赤いバラは愛情や熱烈な感情を象徴する花であり、

特定の本数によってさまざまなポジティブなメッセージを伝えることができます。

以下は、赤いバラを贈る際に選ぶと良い本数と、それぞれが持つ意味です。

■本数別の意味■

  • 【1本】
    「一目惚れ」や「あなたは唯一無二の存在」という意味を持ち、献身的な愛の象徴とされます。最もシンプルながら、強い愛情のメッセージを伝えることができます。
  • 【12本】
    「わたしの心はあなたに属しています」や「ずっとあなたを愛します」という意味があります。一般的にプロポーズや愛の告白、特別な記念日に贈られ、深い愛情を表現するのに適しています。
  • 【36本】
    「毎日あなたを愛しています」という意味が込められており、日々の愛情を象徴します。長い間、ともに過ごした日々や、日常の愛情を再確認するのに最適な本数です。

これらの本数を選んで赤いバラを贈ることで、愛情や感謝の気持ちを深く、そして豊かに伝えることができます。

白いバラ:純潔、尊敬、高貴さの意味

白いバラは純粋さ、清らかさ、

そして新しい始まりを象徴します。

以下は、白いバラを贈る際に選ぶと良い本数と、それぞれが持つポジティブなメッセージです。

■本数別の意味■

  • 【2本】
    「二人の深い結びつき」や「一致団結」を象徴します。とくに新しい関係の始まりや、互いの信頼と理解を確認する場面での贈り物として最適です。
  • 【10本】
    「完璧な幸福」や「あなたはわたしの理想の人」という意味を持ちます。10本の白いバラは、純粋さと完璧さをたたえる場面におすすめです。
  • 【21本】
    「わたしの最も誠実な敬意を込めて」という意味があります。尊敬や敬愛の表現する色と本数なので、尊敬する人への贈り物として選ばれます。

これらの本数の白いバラを選ぶことで、

純粋な愛や敬意、そして新たな始まりへの願いを表現できます。

ピンクのバラ:感謝、優美、幸福、感謝の意味

ピンクのバラは感謝、優雅さ、幸福などを象徴し、

柔らかく温かい感情を伝えるのに適しています。

以下は、ピンクのバラを贈る際に選ぶと良い本数と、

それぞれが持つポジティブなメッセージです。

■本数別の意味■

  • 【3本】
    「愛しています」というメッセージを伝えます。恋の始まりや、日々の感謝に最適です。親しい人への感謝に用いられます。
  • 【6本】
    「わたしを信じて」という意味があります。相手への信頼や絆を強化するメッセージです。友情や恋愛に最適です。
  • 【15本】
    謝罪や誤解の解消、小さな争い後の仲直りに適しています。また、深い感謝や敬意を表し、長い友情や愛情を深めるのにも役立ちます。

これらの本数のピンクのバラを選ぶことで、

感謝の気持ち、信頼の証、または和解の願いなど、

柔らかく温かい感情を美しく伝えることができます。

黄色いバラ:友情、喜び、ポジティブな感情の意味

黄色いバラは、友情、喜び、新しい始まりを象徴します。

以下に、黄色いバラを贈る際に選ぶと良い本数と、

それぞれのポジティブなメッセージを紹介します。

■本数別の意味■

  • 【5本】
    「わたしの幸せはあなたにあります」という意味を持ち、日常の小さな幸せや感謝を伝えるのに適しています。
  • 【7本】
    「わたしたちは完璧な友達です」という意味を持ち、友情の深さや相手の大切さを表します。長年の絆をたたえ、特別な関係を確認するのにぴったりです。
  • 【20本】
    「揺るぎない信頼」という意味があります。ビジネス関係や長年の友情に最適です。変わらぬ関係への願いを伝えます。

これらの本数の黄色いバラを選ぶことで、

友情や喜び、そして信頼の気持ちを明るく伝えることができます。

当社のホームページはこちらです!

当社のECサイトはこちらです!

インスタグラムはこちらです!

アフターブーケ(ぶるーむ)

おすすめのアフターブーケ:押し花額のご紹介(株式会社ぶるーむ)

思い出の生花を美しい状態で保存加工する商品を手掛けるぶるーむでは、

バラの花も色あせずに、美しい状態のままいつまでも楽しめるアイテムを紹介しています。

 

アフターブーケは、色あせることのないおふたりの愛の花の物語

プロポーズのお花は、人生にとって特別な象徴です

お花もあなたも生き物。やがて風合いが増すのが自然でしょうか。

けれども、ブーケに宿った記憶が、いつまでも美しいなら、

おふたりの愛も輝きを失うことはないかもしれません。

そんな想いから、私達ぶるーむは創業いたしました。

アフターブーケ(特別なインテリア)に目をやると、

愛おしい人を想う気持ちが生き生きと蘇ってきます。

枯れることのない愛の花の物語が、大切な人との絆をずっと支えてほしい

そう願いながら私達は、アフターブーケをお作りしています。

アフターブーケは、おふたりの心の中にあるものです。

おすすめのアフターブーケ(押し花額):ボヌール

アフターブーケ(ぶるーむ)

創業当時から多くの花嫁に支持されてきたデザインです。

イタリア製の上質なマーブル紙と手彩色の華奢なラインを組み合わせ、

ブーケの世界観にふさわしい装飾をご提案いたします。

この装飾を完璧に施せる職人は数少なく、まさにぶるーむを代表する作品といえます。

おすすめのアフターブーケ(押し花額):ブリエ

アフターブーケ(ぶるーむ)

本物志向の花嫁の心を満たしたい。

そんな気持ちから生まれた贅沢なスタイルです。

とくに額の美しさにこだわり、

ヨーロッパの建築物を思わせる意匠の額は、

特注寸法で製作いたしました。

マット紙の縁はウッドフィレライナーで装飾し、

さらなる高級感を演出しました。

おすすめのアフターブーケ(押し花額):アンジュ

アフターブーケ(ぶるーむ)

シンプルかつタイムレスな上質感が漂う白木の額。

アンジュSでは、繊細なレースのような羽をデザインした

ぶるーむオリジナルのフェザーマットは、

花嫁に一番人気のマウント装飾です。

ブーケの大きさに合わせてお選びいただけるよう、

サイズは2種類ご用意しました。

おすすめのアフターブーケ(押し花額):ショコラ

アフターブーケ(ぶるーむ)

玄関やリビング、ベッドルームと、どんなテイストのお部屋にも飾りやすい押し花アートです。

木の自然な質感を生かしたブラウンの額が

ブーケの華やかさを際立たせます。

すっきりとした印象でありながら、ダブル使いのマットなど

ディテールにこだわりを散りばめています。

おすすめのアフターブーケ(押し花額):ノアール

アフターブーケ(ぶるーむ)

押し花をよりアーティスティックに表現したシックなスタイルです。

額とマットをブラックで統一したり、

あえて余白を生かすようコーディネートすることで、

花の色彩や輪郭を美しく描き出します。

インテリアとして長く愛せる、特別館のあるデザインです。

おすすめのアフターブーケ(押し花額):エクラ

アフターブーケ(ぶるーむ)

ヨーロピアンスタイルを意識して創作した新しいコレクションをお届けします。

さりげなく置くだけで空間の雰囲気がグレードアップするような、

インテリア性の高い押し花アートです。

おすすめのアフターブーケ(押し花額):シャンス

アフターブーケ(ぶるーむ)

アルバムのようなブックタイプの押し花アートは、

Smile DCとのコラボレーションにより誕生したもの。

表紙にはオリジナルデザインのウォールペーパーをあしらい、

同じ装飾のボックスに収納してお届けいたします。

ボックスは壁に掛けてウォールアートとしても

お楽しみいただけます。

おすすめのアフターブーケ(押し花額):ウブリール

アフターブーケ(ぶるーむ)

ウエディングブーケや記念日に贈られた花束を押し花アートにして、

木製でありながら貝殻を思わせる光沢感が美しい見開きの額は、

写真や結婚証明書と一緒にディスプレイできます。

どこにでも置けるスタンドタイプだから

飾る場所を選ばず新生活の素敵なスタイリングアイテムとして

活躍してくれます。

おすすめのアフターブーケ(押し花額):プティ

アフターブーケ(ぶるーむ)

ご両親やご友人など、感謝の気持ちを伝えたい方に幸福のおすそわけを。

ひとつのブーケを3つの額に分けてデザインいたします。

結婚式の記念品として、またオシャレなギフトとしてどなたにも

お喜びいただける可愛らしい押し花アートです。

※当社ぶるーむにて製作をするアフターブーケは、フォーエバーフラワー(押し花アート)

と呼んでおります。

一般的にアフターブーケと呼ばれておりますので、

本記事では、アフターブーケと紹介いたします。

当社のホームページはこちらです!

当社のECサイトはこちらです!

インスタグラムはこちらです!