ぶるーむについて

ぶるーむについて

OUR STORY

1997年、大切なお花を押し花にして残せることが知られていない頃 不思議な出会いにより本で紹介されたことから、ぶるーむは誕生しました。

ぶるーむのアトリエでスタッフが最も大切にしていることは、 幸せの日に手にした花嫁の感動を想いながら、お花ひとつひとつを どこまでも丁寧に取り扱うことです。 また、記念品としてだけでなく、インテリアとして 自分がお部屋に飾りたくなるかどうかということ。

そして、時間の流れにつれて深い風合いへと変化してゆく 姿を楽しめる世界にたったひとつだけの作品をお届けしていきます。

花束を贈られた人も、贈った人も、幸福になれる          ぶるーむの“Forever Boquet” あなたの人生に、永遠に咲き続ける花束を。

手仕事

ぶるーむのアトリエではウェディングブーケの花々に新しい命を吹き込むように、全て手作業で丁寧に製作しています。
花を封じるのではなく立体的に額や器の中で生き続けるように、 一枚一枚の花びらと向き合い、ゆっくりと時間をかけて加工いたします。
花自身の持つ自然の動きや色味を生かし、ブーケの持つ魅力を生かすデザイン性の高い作品は、ぶるーむが大事に続けてきた魅力のひとつです。
10年以上のスタッフも多く携わり、積み重ねてきた職人の技術と感覚でオートクチュールのように1つ1つ仕上げていきます。

インテリアとしてのこだわり

ぶるーむは、トータルなものづくりを目指しています。
マウント装飾と呼ばれる額回りの装飾と額装に徹底的にこだわるスタイル、 厳選されたデザインの額やガラスの器に、お花を合わせることで、 よりエレガントで上質な輝きを放ちます。

新生活を明るく彩ってほしい、大切な記念だからこそ、インテリアとしても10年後、20年後、100年後も長く愛していただける作品をお届けしたい。
どうぞ、お二人らしいファーストアートをセレクトしてください。

  • 株式会社ぶるーむ代表取締役

    飯沢早苗

    代表の想い

             

    スイスを初めとする数カ国にわたる海外生活のなかで培ったインテリアや美術などに対する感性をベースに、帰国後はブーケアレンジを学び、インテリアコーディネーターの資格を取得しました。
    その後、沢山の想いがこめられたブーケや記念の花束を、その時の思い出とともにフォーエバーブーケにして残したい、そしてインテリアの一部として部屋の中に飾り、その後の時を共有できればという想いで、プレストブーケ製作会社「ぶ.る.-む」を1997年に設立しました。

    小さなアトリエからスタートし、20年目を迎え、400を超えるフラワーショップや プロデュース会社でのお取り扱いと、年間15000件を超えるご注文をいただけるまでになりました。
    1998年から開講している「プロ養成押し花講座」では、少人数制による基礎はもちろんのこと、オリジナル性を重視したカリキュラムによりぶ.る.ーむの世界感を表現する人材を育てております。

    時の流れと共に家族が増え、リビングに置かれる写真立てが一枚一枚増えていく。その横に飾られたフォーエバーブーケも空気を含み色を深く変えていく。
    皆を守り、共に時を刻んでいくようなインテリアに溶け込むアートをお届けしたいと思っています。