ブーケとは?意味や由来を知って素敵な結婚式を!

2024.05.12 / Bloom

ブーケとは?意味や由来を知って素敵な結婚式を!について、ご紹介いたします。

 

花嫁様の美しさを引き立てるブーケは、

結婚式に欠かせないものとされています。

そもそも、ブーケとはどのようなものなのか、

なぜブーケが持たれるようになったのか、

詳しく知っている方は少ないかもしれません。

ブーケの由来や役割を理解することで、

よりご自身にとって意味のある特別なブーケを選べたら素敵ですね。

今回は、ブーケが結婚式で用いられるようになった由来や意味、

役割を解説します。

また、大切なウェディングブーケの選び方や、

暮らしに気軽に取り入れられるインテリアブーケについても紹介します。

ブーケとは何か、改めて探っていきましょう。

アフターブーケ(ぶるーむ)

■本記事の監修■

ぶるーむは、ウエディングブーケやプロポーズ花束の保存加工専門会社です。

花嫁様が結婚式で使った生花の花束やプロポーズの花束を、

特殊な押し花加工で半永久的に保存をします。

■本記事はこんな方におすすめ■

  • ウェディングブーケの由来や意味を知りたい方
  • ウェディングブーケやインテリアブーケを上手に選びたい方
  • ブーケを長持ちさせる方法を知りたい方

ぶるーむのホームページはこちらです

ぶるーむのECサイトはこちらです

ぶるーむのインスタグラムはこちらです

アフターブーケ(ぶるーむ)

 

■ぶるーむからのメッセージ■

プロのフローリストと密接に協力し、

個性とスタイルが反映された最適なブーケを選び出すことで、

この特別な日をさらに際立たせることができるでしょう。

アフターブーケ(ぶるーむ)

目次

ブーケとは?(まとめ)

ブーケとは、花や植物の茎を束ねて構成される花束の一種で、

特に結婚式や祝賀の場などで持たれる装飾的なアイテムです。

ブーケは、色彩や形状、花材の選定によって多岐にわたるスタイルが存在し、

持つ人の個性や服装、使用する場面に合わせてカスタマイズされます。

ブーケの歴史(まとめ)

ブーケの歴史は古く、中世ヨーロッパにその起源を見ることができます。

当初は、悪臭を遮るためや疫病から身を守る魔除けとして、

香りの強いハーブや花が使われました。

時間が経つにつれ、これらの実用的な用途から離れ、

より美的な要素が重視されるようになりました。

特に結婚式においては、愛と豊かさを象徴するアクセサリーとして、

また新しい生活への祝福としてブーケが用いられるようになりました。

アフターブーケ(ぶるーむ)

ブーケの種類(まとめ)

ブーケにはいくつかの主要なスタイルがあります

ラウンドブーケ

最も一般的な形式で、丸みを帯びた形が特徴です。

バラやカーネーションといったクラシックな花がよく使用されます。

カスケードブーケ

豪華でドラマティックな印象のブーケで、

花が垂れ下がるようにアレンジされています。

しばしば、オーキッドやアイビーなどの流れるような花や葉が使われます。

ポジー

小さくて持ちやすいブーケで、通常、手のひらに収まるサイズです。

さまざまな花を密集させて束ね、

よりフォーマルな場ではリボンで縛られます。

ハンドタイド

自然な外観を持ち、花が自然に束ねられ、

リボンやレースで縛られています。

ビンテージやカントリースタイルの結婚式に適しています。

アフターブーケ(ぶるーむ)

ブーケの選び方

ブーケを選ぶ際には、以下の点を考慮すると良いでしょう

■ウェディングドレスとの調和:

ドレスのスタイルや色、装飾に合わせてブーケを選びます。

たとえば、シンプルなドレスにはカラフルで豪華なブーケが映えます。

■身体のサイズとバランス:

持つ人の体型や身長に合わせて、ブーケのサイズを選びます。

小柄な方には小さめのブーケが適しています。

■個性や好み:

好きな色や花、季節感を考慮してブーケを選ぶと、

より自分らしさを表現できます。

ブーケは、その見た目だけでなく、

持つ人の感情やその場の雰囲気を豊かにするための重要なアイテムです。

美しく、記憶に残るブーケを選ぶことで、

特別な日をさらに際立たせ、感動的な瞬間を演出することができます。

ブーケは、ただ美しいだけでなく、結婚式という一生の記念になるイベントにおいて

個人のスタイルや感情を象徴するアート作品の役割を果たします。

ブーケはまた、花言葉や色彩心理を活用することで、

非言語性のコミュニケーションツールとしても機能します。

例えば、赤いバラは情熱的な愛を、

白いリリーは純潔を象徴しており、

これらを組み合わせることで、

結婚式のテーマや新郎新婦の願いを形にすることができます。

さらに、季節の花を取り入れることで時期感を出すことも重要で、

春には桜やチューリップ、

夏には向日葵やダリア、

秋にはコスモスやカラー、

冬にはポインセチアやヒイラギを用いることが一般的です。

結婚式の場では、ブーケトスという伝統的な儀式に使用されることも多く、

未婚の女性ゲストがブーケをキャッチすることで、

次に幸せな結婚をするとされる風習があります。

この楽しいイベントは、結婚式のハイライトの一つとして、

参加者にとって忘れがたい瞬間を作り出します。

最後に、ブーケはその美しさを永遠に保ちたいと考える新郎新婦にとって、

プリザーブドフラワーや押し花に加工して保存する選択肢もあります。

これにより、結婚式の記憶を形として残し、長い間、その日の美しい瞬間を振り返ることができるのです。

アフターブーケがおすすめな理由はこちらです!

アフターブーケとは:おすすめのアフターブーケ

アフターブーケ(押し花アート)は、いつ届く?何年持つ?

アフターブーケを後悔しない方法

ブーケは、結婚式だけでなく、人生の特別な節目に感情を表現し、

美しい思い出を彩るための重要な要素です。

適切に選ばれたブーケは、その日の装いを完璧なものにし、

写真や映像を通じて一生の宝物となります。

アフターブーケ(ぶるーむ)

ブーケとは?結婚式で用いる意味

結婚式で花嫁様は持つブーケとは、どのような意味が込められたものなのでしょうか。

現在は当たり前のようにブーケを持つ慣習が広まっていますが、

お花の歴史が深いヨーロッパにその起源があるそうです。

結婚式で用いられるブーケの意味や由来について、詳しく見ていきましょう。

ブーケと花束の違い

ブーケと花束はもともと同じ意味の言葉ですが、

日本では形状の違いで区別されることが一般的です。

花束は背面のある茎の長いタイプで、主に式典などに用いられます。

ウェディングに欠かせないブーケは、

花束とは異なり背面がなくどの方向から見ても花が美しく見えるタイプが主流で、

茎が短くカットされているものが多いです。

ブーケとブートニアの由来

洋装の結婚式では、

花嫁様がブーケを持ち、

花婿様は胸のポケットにブートニアを挿します。

これは、中世ヨーロッパで行われていた儀式に由来するという説があります。

プロポーズの際、男性が野の花を自分で摘んで作った花束を女性にプレゼントしました。

女性はその花束から1輪を抜き、男性の胸に挿してプロポーズを受けたそうです。

ブーケとブートニアが同じデザインなのも、

この由来を思えば納得ですね。

さらに、結婚式でヨーロッパのプロポーズ儀式を再現する演出も人気を集めています。

ゲストにあらかじめ1輪ずつ持ってもらっておいた花を花婿様が集め、

ブーケにして花嫁様に渡してプロポーズするのです。

ゲストも参加できる演出ですので、

あたたかい雰囲気になり思い出に残るでしょう。

アフターブーケ(ぶるーむ)

ダズンローズ

花婿様が12輪のバラを花束にして花嫁様にプレゼントしながらプロポーズする演出で、

ブーケとブートニアの由来から生まれたものです。

バラ1輪ずつには、それぞれ「感謝」「愛情」「信頼」などの意味を持たせます。

そのなかから、

花嫁様が最もふたりにふさわしい意味を持つバラを選び、

花婿様に贈ります。

アフターブーケ(ぶるーむ)

厄除けの意味も含まれます

ブーケの由来には、もう一つ説があります。

それは、厄除けの役割があるというもの。

ヨーロッパでは、かつてハーブが虫よけとして使われていました。

そのため、ハーブを集めて作った花束には虫や悪いものから守るという意味が込められたそうです。

花嫁様を一生守るお守りとして、ブーケが用いられていたのですね。

現在はハーブを使ったウェディングブーケは珍しいかもしれませんが、

どんなお花でも由来が引き継がれていると特別感が増すのではないでしょうか。

ウェディングブーケには、プロポーズの際のプレゼントやお守りという由来があることを紹介しました。

そのような歴史的な意味を持つブーケは、

もちろん花嫁様の美しさを引き立てるためにも欠かせないものです。

花嫁のドレス姿をより美しく見せる役割も(まとめ)

ウェディングブーケは美しい花々を集めた華やかなアイテムで、

手にした花嫁様のドレス姿がより美しく見えます。

ドレスは純白なものが一般的ですので、ブーケで色味がプラスされ、

可愛らしい印象にも美しい印象にも、

またスタイリッシュな印象にも見せることが可能です

花の種類だけでなくデザインも幅広いため、多様なバリエーションのブーケが作られています。

ウェディングブーケは、

デザインや形の違いにより主に以下のような種類に分けられます。

■ウエディングブーケの種類■

  • ラウンドブーケ : 丸みがある四方見のデザインで、ウェディングブーケの定番
  • キャスケードブーケ : 滝が流れるような縦長の上品なデザイン
  • オーバルブーケ : 楕円形のデザイン。先が尖ったタイプのティアドロップブーケもある
  • クラッチブーケ : 茎が長く持ちやすいタイプで、ナチュラルな印象のものが多い
  • クレッセントブーケ : 三日月のような弧を描いた縦長のシルエットが特徴
  • リースブーケ、ボールブーケ、バッグブーケ : 持ち手があり腕を通せるタイプ

アフターブーケ(ぶるーむ)

花嫁のドレス姿をより美しく見せる役割も(詳細)

ブーケは、花嫁のドレスを美しく引き立てるための重要なアクセサリーであり、

結婚式においてはただの装飾品以上の役割を果たします。

この美しい花のアレンジメントは、

花嫁の全体的なルックと調和し、

結婚式のテーマや花嫁の個性を反映する要素として機能します。

以下に、ブーケが花嫁のドレス姿をより美しく見せる役割について詳しく説明します。

■色の調和

ブーケはドレスの色とマッチするように選ばれることが多く、

ドレスの色彩を引き立てる役割を持ちます。

たとえば、白いウェディングドレスには、

白やクリーム色の花を基調としたブーケが一般的ですが、

アクセントとしてパステルカラーや鮮やかな色の花を加えることで、

華やかさが増します。

逆に、カラードレスにはコントラストを生む色のブーケが選ばれることもあり、

花嫁の個性やドレスの特徴を際立たせることができます。

■形とスタイルの補完

ブーケの形状やスタイルは、

ドレスのデザインに合わせて選ばれることが重要です。

例えば、シンプルなAラインのドレスには、

ラウンドブーケがよく合い、

エレガントな印象を与えます。

一方で、

豪華なプリンセスラインのドレスには、

ボリュームのあるカスケードブーケが適しており、

ドレスの豪華さをさらに強調します。

また、モダンなデザインのドレスには、

ミニマリストスタイルのブーケやユニークな形状のブーケが選ばれることもあり、

全体の印象を引き締める効果があります。

■身体のプロポーションの調整

ブーケは、花嫁の身体のプロポーションを美しく見せるためにも役立ちます。

例えば、小柄な花嫁には小さめのブーケが推奨されることが多いです。

これは、大きなブーケだと花嫁が圧倒されてしまうためです。

逆に、背が高い花嫁には、

少し大きめのブーケや縦長のブーケがバランス良く見えるため、

選ばれることがあります。

■感情表現の強化

ブーケは、花嫁の感情を表現するツールとしても機能します。

結婚式は非常に感情的なイベントであり、

ブーケはその感情を色彩や形、香りを通じて表現する手段です。

愛や幸福、新しい始まりなど、花嫁が感じている感情をブーケに込めることで、

その日の記憶がより色濃く、美しく残ります。

 

ブーケは、花嫁のドレスを完璧に引き立てるだけでなく、

結婚式のテーマや花嫁の個性、感情を美しく表現するための重要な要素です。

 

それは花嫁が選ぶ色、形、花の種類によって、

その日の印象や雰囲気を大きく左右します。

ブーケは花嫁の魅力を最大限に引き出し、

結婚式の写真やビデオで最も目立つアクセントの一つとなるため、

選び方には特に注意が必要です。

 

花嫁のドレスとブーケの組み合わせは、

見る人に深い印象を与える美的なハーモニーを生み出します。

適切に選ばれたブーケは、シルエットを美しく見せ、全体のスタイルを高める効果があります。

例えば、詳細なレースの装飾が施されたドレスには、

シンプルなデザインのブーケが適している場合が多く、

ドレスの繊細さを引き立てます。

また、ミニマルなデザインのドレスには、

色鮮やかなブーケがポップなアクセントとなり、

華やかさを加えることができます。

さらに、ブーケはその色によっても多くを語ります。

赤いバラのブーケは情熱的な愛を象徴し、

白い花のブーケは純粋で清潔な美しさを表すことが多いです。

これらの色は、花嫁の個性や彼女が伝えたいメッセージを視覚的に表現する手段として機能します。

ブーケの選び方一つにも、花嫁のセンスや心情が反映されるため、

その選択はとてもパーソナルなものです。

プロのフローリストと協力して、

自分のスタイルに最適なブーケを作り上げることが、

美しいウェディングシーンを創出する鍵となります。

ブーケに込められた思いや願いが、

結婚式の一瞬一瞬に華を添え、永遠の思い出として心に刻まれるでしょう。

アフターブーケ(ぶるーむ)

ウェディングブーケの選び方(まとめ)

ウェディングブーケにはさまざまなデザインや形状があるため、

選ぶのが難しい…と悩む方も少なくありません。

人生の大切な節目に持つ特別なブーケですので、

本当に気に入ったものを選びたいですよね。

結婚式当日はもちろん、あとから写真を見て振り返ったときにも幸せな気持ちになれるような、

素敵なブーケを選びましょう。

ブーケの選び方のヒントとなる3つのポイントは以下のとおりです。

■ブーケを選ぶ時に意識したいこと■

  • ドレスや式場の雰囲気に合ったものを選ぶ
  • 花嫁の好みの花や思い出の花で作る
  • 保存性を考える

アフターブーケ(ぶるーむ)

ウェディングブーケの選び方(詳細)

ウェディングブーケは、結婚式における花嫁の装いを完成させる重要な要素です。

ブーケは単なるアクセサリー以上の役割を果たし、

式全体のテーマや花嫁の個性を反映するアイテムとして重要視されます。

適切なウェディングブーケを選ぶためには、以下のポイントを考慮することが重要です。

■ドレスとの調和

ブーケを選ぶ際は、まずウェディングドレスとの調和を考えることが最優先です。

ドレスが豪華で詳細な装飾が施されている場合、シンプルなブーケが適しています。

逆に、シンプルなドレスの場合は、

華やかなブーケがドレスを引き立てる効果があります。

ドレスの色やデザイン、ファブリックとブーケのスタイルが調和するように選びましょう。

■身長と体形の考慮

花嫁の身長や体形もブーケ選びにおいて重要な要素です。

小柄な花嫁には大きすぎるブーケは不釣り合いに見える可能性があるため、控えめなサイズが推奨されます。

背が高い花嫁は、

よりボリュームのあるブーケやカスケードタイプのブーケが似合います。

■季節感の反映

結婚式の開催時期に合わせて季節の花を選ぶことも大切です。

春にはチューリップやラナンキュラス、

夏は向日葵やダリア、

秋にはコスモスやカラー、

冬にはヒイラギやポインセチアが人気です。

季節の花を取り入れることで、自然な美しさと新鮮さがブーケに加わります。

■カラーテーマ

ウェディングのカラーテーマに合わせてブーケの色を選ぶことも重要です。

カラーテーマが明確な場合、ブーケにその色を取り入れることで全体の統一感が出ます。

カラーマッチングを考慮して、

ブーケがウェディングの装飾や他のアイテムと調和するようにしましょう。

■個性の表現

ブーケは花嫁の個性を表現するためのツールでもあります。

好きな花や意味ある花を取り入れることで、

ブーケに個人的なタッチを加えることができます。

例えば、初デートで贈った花や、特別な思い出のある花をブーケに取り入れることが可能です。

■プロフェッショナルのアドバイス

最後に、フローリストとの相談を重ねることが推奨されます。

プロフェッショナルな視点から最適なアドバイスをもらうことで、

理想的なブーケを実現できます。

フローリストは花嫁の要望を聞きつつ、

季節やスタイル、

予算に合わせて最適な提案をしてくれれます。

彼らの経験と知識を活用することで、

美しさだけでなく、

持ちやすさや持続性など、

実用的な側面も考慮したブーケを作成することができます。

■総合的な調和

ブーケを選ぶ際には、ウェディングの全体的なスタイルや雰囲気に合わせることが重要です。

結婚式の場所やセッティング、その他の装飾品との調和を考慮し、

全体的に統一感のある選択を心掛けましょう。

ブーケが一つのアートピースとして、

場の雰囲気を引き立て、

ゲストに美しい印象を与えることができます。

■持続性を考慮

ブーケは結婚式当日、長時間にわたって持ち歩かれることが多いため、

見た目の美しさだけでなく、持続性も重要です。

フローリストには、長時間美しい状態を保つための処理を施すよう依頼しましょう。

また、

式後もブーケを保存しやすいように、押し花に適した花材を選ぶのも一つの方法です。

■意味とメッセージ

多くの花にはそれぞれ特有の意味があります。

ブーケに用いる花々を選ぶ際には、

その花言葉や象徴する意味も考慮に入れ、

花嫁自身のメッセージや願いを形に表現することができます。

例えば、

永遠の愛を象徴する赤いバラや、

幸福を呼ぶとされるスズランなど、

意味深い花を選ぶことで、

ブーケがさらに特別なものとなります。

ウェディングブーケの選び方は、

花嫁にとって非常に個人的で情緒的なプロセスです。

それは単に美しいアクセサリーを選ぶ以上のものであり、

自身の感情や結婚式のテーマを表現する手段です。

適切に選ばれたブーケは、花嫁のドレスを完璧に引き立て、

結婚式の記憶を美しく彩る重要な役割を果たします。

プロのフローリストと密接に協力し、

個性とスタイルが反映された最適なブーケを選び出すことで、

この特別な日をさらに際立たせることができるでしょう。

アフターブーケ(ぶるーむ)

ドレスや式場の雰囲気に合わせる

ウェディングブーケは、

形やデザイン、組み合わせる花の色合いによって雰囲気が大きく変わります

花嫁様が持つ姿をイメージして、

ドレスの雰囲気に合ったものを選ぶとしっくりなじむブーケになるでしょう。

ドレスがふんわりとした可愛らしい雰囲気なら、

丸みのあるラウンドブーケが似合いますし、

エレガントな印象のドレスには、

キャスケードブーケやティアドロップブーケ、

クレッセントブーケを合わせると素敵です。

った場合は、

どのようなドレスにも合わせやすいオーバルブーケを選ぶのもいいでしょう。

また、ドレスだけでなく式場やパーティー会場の雰囲気に合わせるのもおすすめです。

カジュアルなガーデンウェディングやレストランウェディングには、

同じくカジュアルに仕立てやすいクラッチブーケがよく選ばれています。

■個性的なタイプはお色直しも■

リースブーケやバッグブーケのような、

腕を通せる持ち手のあるデザインのブーケは、

カラードレスに合わせるのもおすすめ。

キャンドルサービスなどを行う場合にも、

ブーケを腕に下げてテーブルを回れるというメリットもあります。

アフターブーケ(ぶるーむ)

花嫁の好みの花や思い出の花で作る

デザインに加えて重要なのが、ブーケに使う花の選び方です。

白いドレスにはどの色も合うため、基本的には好みの色合いで作るのがおすすめです。

寒色系、暖色系、淡い色合い、はっきりした色合い、

あえて色を加えず白でまとめるなど、

多様な選び方ができます。

色の選び方で印象がかなり変わりますので、個性を出すチャンスでもあります

また、花嫁様にとって思い入れのある花を選ぶ方も多いです。

元から好きな花を選ぶのも素敵ですし、

結婚前に出かけた思い出の場所にまつわる花や、

かつて新郎様からプレゼントされたことのある花を選んでも、

より特別なブーケになるでしょう。

保存性を考えて選ぶ

ここ数年、

ウェディングブーケを結婚式が終わってからも残しておきたいという思いを実現するために、

あえて生花ではない花材を用いる方も少なくありません。

生花から水分を抜き保存性を高めた押し花アート(アフターブーケ)

プリザーブドフラワーで作ったブーケのほか、

化学繊維などで作られた高級造花を用いたアーティフィシャルフラワーブーケも

選ばれています。

最近は高品質なものも増えてきていますが、

いずれも生花のような花本来の美しさを100%実現できるものではありません。

保存性よりもそのときに一番美しい花であることを重視し、

生花のブーケを選ぶ方も多いです。

何を大切にするかは人それぞれですので、

花材の選び方もじっくり考えたうえで決めることをおすすめします。

アフターブーケ(ぶるーむ)

インテリアブーケとは?(まとめ)

ここまでは

ウェディングブーケの由来や選び方を中心にお伝えしてきましたが、

ブーケは結婚式のためだけのものではありません。

気軽に暮らしに取り入れられるのが、インテリアブーケです。

日常的に花を飾ると空間が華やかになり、そこで暮らす方の気持ちも自然と明るくなります

インテリアブーケとはどのようなものか、

特徴やメリットを紹介していきます。

花のある暮らしを楽しみたい方は、ぜひお部屋にブーケを飾ってみましょう。

インテリアブーケとはどのようなものか、

特徴やメリットを紹介していきます。

花のある暮らしを楽しみたい方は、ぜひお部屋にブーケを飾ってみましょう。

インテリアブーケとは?(詳細)

インテリアブーケとは、居住空間の装飾や美化を目的とした花束であり、

室内のデザイン要素として活用されます。

これらのブーケは、生花やドライフラワー、シルクフラワーなど様々な材料を使用して作成され、

家やオフィスの内装に合わせてカスタマイズされます。

インテリアブーケは、その美しさと持続性から、

多くの人々にとって魅力的なインテリアの選択肢となっています。

インテリアブーケの種類1:生花のブーケ

生花を用いたインテリアブーケは、

その鮮やかな色彩と自然な香りで人気があります。

生花ブーケは定期的な水やりや環境管理が必要ですが、

季節感を取り入れたい場合や、

常に新鮮な印象を求める場合に最適です。

インテリアブーケの種類2:ドライフラワーブーケ

乾燥させた花を使用したブーケで、長期間にわたって美しい状態を保つことができます。

メンテナンスがほとんど不要で、

さまざまな色や形状の花を組み合わせることが可能です。

ドライフラワーはそのヴィンテージ感から、

温もりのある空間作りに適しています。

インテリアブーケの種類3:シルクフラワーブーケ

高品質の布やプラスチックを用いた花で作られたブーケです。

リアルな見た目が特徴で、

色褪せや枯れる心配がないため、

長期間の展示に向いています。

シルクフラワーは、

アレルギーの心配がある場所や手入れを最小限に抑えたい商業施設などにも使用されます。

アフターブーケ(ぶるーむ)

インテリアブーケの役割

インテリアブーケは、単に空間を飾るだけでなく、

心理的な影響も与えることができます。

たとえば、

明るい色の花は気分を高め、

青や緑の花はリラックス効果があるとされています。

また、季節に応じてブーケを変えることで、

室内に季節感を取り入れることができます。

インテリアブーケの選び方

■空間のスタイルに合わせる:

インテリアのテーマや色合いに合わせてブーケを選ぶことが重要です。

モダンな空間にはシンプルでスタイリッシュなブーケが、

クラシックな空間には豪華で伝統的なデザインが適しています。

■サイズと配置:

空間のサイズに合わせてブーケの大きさを選ぶことが重要です。

大きな部屋には大きめのブーケが印象的ですが、

小さな部屋では控えめなサイズが適しています。

また、ブーケを置く位置も考慮し、部屋のバランスを整えましょう。

■持続性とメンテナンス:

ブーケの材質によってメンテナンスの必要性が異なります。

生花の場合は水替えや日々のケアが必要ですが、

ドライフラワーやシルクフラワーはほとんど手入れが不要です。

使用する空間の環境や、手入れに割ける時間を考慮して選ぶと良いでしょう。

インテリアブーケのメリット

インテリアブーケは、その見た目の美しさだけでなく、

空間に潤いや生活感を加えることができます。

生花は空気を浄化する効果もあるため、

室内環境を改善する一助となることが期待されます。

また、ドライフラワーやシルクフラワーは、

色褪せることなく長期間美しく保てるため、

コストパフォーマンスも高いとされています。

インテリアとしてのブーケの組み合わせ

インテリアブーケは、他の装飾品と組み合わせることで、

より豊かな空間表現が可能です。

例えば、

同じ色系のクッションやカーテン、

アートワークと調和させることで、

統一感のあるデザインを実現できます。

また、季節ごとにブーケを変えることで、

室内に季節感を取り入れ、常に新鮮な印象を保つことができます。

インテリアブーケの活用例

インテリアブーケは、リビングルームやダイニングルームだけでなく、

エントランスやバスルーム、寝室など、家のさまざまな場所で活用できます。

ビジネス環境においても、オフィスや受付、会議室にブーケを配置することで、

訪れる人々に心地良い印象を与え、

ブランドイメージの向上にもつながります。

最終的に、インテリアブーケはただの装飾品ではなく、

空間の雰囲気を左右し、訪れる人々に心地よい影響を与える力を持っています。

美しいブーケは見る人の心を和ませ、日常生活に彩りを加えるため、

選び方一つでその空間の印象が大きく変わります。

適切なブーケを選ぶことで、

あなたの居住空間やオフィス環境をより豊かで心地よいものにすることができるでしょう。

■メリット1:花束よりも飾りやすい

ここまではウェディングブーケの由来や選び方を中心にお伝えしてきましたが、

ブーケは結婚式のためだけのものではありません。

気軽に暮らしに取り入れられるのが、インテリアブーケです。

日常的に花を飾ると空間が華やかになり、

そこで暮らす方の気持ちも自然と明るくなります

■メリット2:様々な花材が選べる

インテリアブーケもウェディングブーケと同様に、

生花に限らずドライフラワーやアーティフィシャルフラワーを用いたものが選べます。

ウェディングブーケよりもカジュアルに飾れるため、

ドライフラワーのブーケをスワッグとして壁にかけて楽しむ方も多いですね。

ドライフラワーやアーティフィシャルフラワーは水が不要で、

お手入れの簡単さや保存性の高さといったメリットがあります。

生花を長持ちさせるには、

水を替えたり茎を随時カットして水を吸い上げやすくしたりする必要があります。

花が好きな方は、そのようなお手入れをする時間も楽しむことができるでしょう。

■メリット3:生花をインテリアブーケに保存できる

保存性の高さを理由に、はじめから生花以外の花材を選ぶのもひとつの方法です。

ただ、

本当は生花を選びたいのに長く残せないという理由で諦めてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

生花は確かにそのまま生けて飾っていればやがて寿命をむかえてしまうでしょう。

どんなに涼しい時期でも、美しい状態を保てるのは数週間ほどです。

ウェディングブーケはもちろん、インテリアブーケとして飾るものでも、

思い入れがあるなら残したいと願うのは当然のこと。

とくに、お誕生日などのお祝い事でプレゼントされた特別なブーケは、

ウェディングブーケのように記念となるものです。

そのような大切なブーケを保存できる方法を紹介していきます。

アフターブーケ(ぶるーむ)

大切なブーケを保存する方法

生花のブーケはそのまま置いておくと枯れてしまうため、

長期保存できるよう加工する必要があります。

その基本は、水分を抜くこと。

食品でいえば乾物が長期保存できるのと同じように、

花も水分を抜けば保存性が高まります。

そこで、生花のブーケは水分を抜いて保存する方法をおすすめします。

自分自身で押し花保存(アフターブーケ)

最近では、

ご自身で押し花にして保存する方も多く、

一般的にはハンギング法という吊るして乾燥させる手法で作られます。

ハンギング法で作ったドライフラワーは保存性が高まる反面、

色や形が生花の頃とは違うものになります。

アンティーク調のアイテムが好きな方には向きますが、

色合いなどブーケの印象を変えたくない方にはおすすめできません。

そのままの美しさを保ちたいなら、専門店での加工がベストです

■専門会社(ぶるーむ)に依頼をする最大のメリット■

専門店に依頼すると費用は発生しますが、

一生に一度の大切なブーケを確実に美しいまま残すことができます。

美しい状態をできるだけ長く保つには、加工技術も重要です。

手作業で丁寧に加工する専門店を選ぶのがおすすめです。

ぶるーむのホームページはこちらです

ぶるーむのECサイトはこちらです

ぶるーむのインスタグラムはこちらです

アフターブーケ(ぶるーむ)

ぶるーむにできること(アフターブーケ専門会社)

ブーケ保存の専門会社ぶるーむでは、

お預かりした大切なブーケを押し花に保存加工します。

一つひとつ丁寧に加工した花はインテリアアイテムにアレンジするため、

そのままお部屋に飾って楽しめます

毎日生活する空間に思い出の大切な花を飾れば、

眺めるたびに幸せな気持ちになれそうですね。

押し花にすれば平面的なアイテムに生まれ変わります。

いずれも記念品として長く飾れますので、

どのように花を残したいかイメージしながら選びましょう。

アフターブーケがおすすめな理由はこちらです!

アフターブーケとは:おすすめのアフターブーケ

アフターブーケ(押し花アート)は、いつ届く?何年持つ?

アフターブーケを後悔しない方法

アフターブーケ(ぶるーむ)

アフターブーケ(インテリアブーケ)

ウェディングブーケの保存を希望する方が多いですが、

インテリアブーケの保存もできます。

長持ちさせたいから生花を選択肢から外す方もいるかもしれませんが、

生花でも加工して保存できることを知っていれば選べる花の種類も広がるでしょう。

ぶるーむでは、

ウェディングブーケだけでなくプロポーズでもらった花束の保存も人気です

プロポーズの定番でもある108本のバラの保存も取り扱っています。

誕生日などほかの記念日の花や、

鮮度がよければインテリアブーケも保存可能ですので、

お気軽にご相談ください。

アフターブーケ(ぶるーむ)

アフターブーケは鮮度が大事です

生花を美しい状態で保存するには、

できるだけ早く加工するのがポイントです。

時間が経って鮮度が落ちてからでは、

仕上がりが悪くなるだけでなく加工自体を受け付けられない可能性もあります。

傷んだ花を取り除きできるだけ残せるようにしますが、お早めの加工依頼がおすすめです。

 

 

※当社ぶるーむにて製作をするアフターブーケは、フォーエバーフラワー(押し花アート)

と呼んでおります。

一般的にアフターブーケと呼ばれておりますので、

本記事では、アフターブーケと紹介いたします。

ぶるーむのホームページはこちらです

ぶるーむのECサイトはこちらです

ぶるーむのインスタグラムはこちらです