プロポーズ前だからこそ?彼女を両親に紹介するタイミング

2024.06.25 / Bloom

プロポーズ前だからこそ?彼女を両親に紹介するタイミングについてご紹介します。

カップルが結婚を考え始めると、お互いの両親への紹介が気になるものです。

プロポーズ前に彼女を両親に紹介したいと考えているなら、計画的にタイミングを決めておくことが大切です。

今回は、プロポーズ前に彼女を紹介するタイミングについて詳しく解説します。

アフターブーケ(ぶるーむ)

■本記事の監修■

ぶるーむは、ウエディングブーケやプロポーズ花束の保存加工(アフターブーケ)の専門会社です。

花嫁様が結婚式で使った生花の花束やプロポーズの花束を、

特殊な押し花加工で永久的に保存をします。

ぶるーむのホームページはこちらです

ぶるーむのECサイトはこちらです

ぶるーむのインスタグラムはこちらです

※当社はアフターブーケをフォーエバーフラワー(永遠に咲き続ける花束)と表現します。

アフターブーケ(ぶるーむ)

彼女を紹介する時は、結婚を意識している?

マイナビウエディングの調査によると、彼女を親に紹介する時、結婚を考えている男性は74.0%

結婚を意識せずに紹介しているという男性は26.0%でした。

多くの男性が、彼女を紹介するという行動には「真剣な相手だから」という気持ちが込められています。

男性が結婚を意識して彼女を紹介することは、彼女やご両親にとっても重要なタイミングであることは間違いありません。

年齢や仕事の節目など、結婚を考えるタイミングはいくつかありますが、

その後の結婚やプロポーズがスムーズに進むような紹介の場を設けることが大切です。

突拍子無く紹介はNG

数年間の付き合いがある場合、突発的に紹介するのは避けましょう。

例えば、彼女が家に遊びに来ている時に母親と鉢合わせする、デート中に偶然出会うといった状況は気まずい印象を与えることがあります。

長い交際期間があるなら、しっかりと予定を立てて紹介の場を設けることをおすすめします。

ご飯に行く

交際が長い場合は、計画的に食事の場を設けて紹介するのが良いでしょう。

両親から「彼女を紹介してほしい」という話が出た場合、そのタイミングを逃さずに紹介するのが理想的です。

誕生日などのイベント

両親の誕生日などに彼女を招待するのも一つの方法です。

長く付き合っている間柄なら、特別なイベントを利用して距離を縮める機会を作ると良いでしょう。

両親の好きなものを事前に伝え、プレゼントとして渡せば「親しくなりたい」という気持ちも伝わります。

付き合って数ヶ月から1年未満の場合

デートプランに組み込む

付き合いが浅いカップルは、比較的カジュアルな紹介でも問題ありません。

デートの中に、実家で食事をする予定を組み込んで、自己紹介をするのも一案です。

フレンドリーな両親なら、すぐに打ち解けられるでしょう。

片親ずつ紹介

両親揃っての紹介が難しい場合、片親ずつ紹介する方法もあります。

まずは母親とお茶をしに行くなど、1対1のシチュエーションで紹介することで、彼女もリラックスできるでしょう。

これにより、素の彼女を両親に見てもらうことができます。

まとめ

プロポーズ前に彼女を両親に紹介するタイミングについて解説しました。

結婚を意識しているなら、計画的にタイミングを決めることが大切です。

彼女との結婚を現実にするためにも、まずは両親公認のカップルを目指しましょう。

特に長い交際期間がある場合、しっかりと計画を立てて紹介の場を設けることで、その後のプロポーズや結婚がスムーズに進むでしょう。

彼女を紹介する際には、お互いの気持ちや両親の気持ちも考慮し、ベストなタイミングを見つけることが重要です。

最新記事

記事検索

カテゴリー

月別アーカイブ