ブーケの基礎知識:形の種類とドレスとの相性

2024.06.29 / Bloom

ブーケの基礎知識①:形の種類とドレスとの相性についてご紹介します。

一口にブーケと言っても、実はさまざまな形があるのをご存知ですか?

ウェディングドレスにぴったりのブーケを選びたいなら、その形とドレスとの相性を理解することが大切です。

ここでは、ブーケの基本的な形と、それぞれのドレスシルエットとの相性について解説します。

ブーケ選びの参考にしてくださいね。

アフターブーケ(ぶるーむ)

■本記事の監修■

ぶるーむは、ウエディングブーケやプロポーズ花束の保存加工(アフターブーケ)の専門会社です。

花嫁様が結婚式で使った生花の花束やプロポーズの花束を、

特殊な押し花加工で永久的に保存をします。

ぶるーむのホームページはこちらです

ぶるーむのECサイトはこちらです

ぶるーむのインスタグラムはこちらです

※当社はアフターブーケをフォーエバーフラワー(永遠に咲き続ける花束)と表現します。

アフターブーケ(ぶるーむ)

ブーケの基本の形

結婚式で花嫁が持つブーケには、さまざまな形があり、使用する花や色の組み合わせによって雰囲気が大きく変わります。ここでは、多くの先輩花嫁に選ばれている、基本のブーケの形を5つご紹介します。

1. ラウンドブーケ

ラウンドブーケは、丸いドーム型のシンプルでエレガントな形が特徴です。正面から見ると球形に見え、ウェディングブーケの定番として人気があります。花が密集しているため華やかな見た目が魅力。バラ、トルコキキョウ、シャクヤク、カーネーションなどがよく使われます。

2. キャスケードブーケ

「キャスケード」とは「小さな滝」を意味し、その名の通り流れるような縦長のラインが特徴です。大きな花や葉を組み合わせたデザインで、気品と存在感があります。ユリやアマリリス、ランなどの大ぶりな花が使われ、荘厳な教会式にぴったりです。

3. オーバルブーケ

オーバルブーケは楕円形のシルエットを持ち、ラウンドブーケよりもふっくらとした形が特徴です。選ぶ花によって上品にも可愛くもアレンジできます。バラ、シャクヤク、カーネーション、カラー、ラナンキュラスなど、さまざまな花で作られます。

4. クラッチブーケ

クラッチブーケは、茎をそのまま束ねたナチュラルなスタイル。茎が長く、手でしっかりと握れるデザインです。ガーデンウェディングやレストランウェディングなど、カジュアルなパーティーに似合います。バラ、ガーベラ、チューリップ、スイセン、シャクヤクなどがよく使われます。

5. バッグブーケ、ボールブーケ、リースブーケ

これらのブーケは、持ち手がついていて片手や腕に掛けて持つことができます。

  • バッグブーケ:パールビーズやリボンで作られた持ち手のあるバッグ型のブーケ。ハート型などにアレンジも可能です。
  • ボールブーケ:丸いボール状のブーケで、360度どこから見てもお花というかわいらしいデザイン。持ち手にリボンやタッセルを付けて装飾することもできます。
  • リースブーケ:ドーナツ状のブーケで、途切れのない輪っかは「永遠」を意味し、縁起が良いとされています。

これらのブーケは、使う花の色やデザインによって印象が変わり、大人っぽくシックなアレンジも可能です。よく使われる花はバラ、トルコキキョウ、ラナンキュラスなど。リボンや葉っぱを使って装飾することで、さらに個性的なブーケに仕上がります。

まとめ

結婚式で花嫁が持つブーケには、多くの形があり、それぞれが異なる魅力を持っています。ラウンドブーケやキャスケードブーケ、クラッチブーケ、オーバルブーケ、そして持ち手のついたバッグブーケやボールブーケ、リースブーケなど、多彩な選択肢があります。ウェディングドレスや会場の雰囲気に合わせて、自分にぴったりのブーケを選ぶことが大切です。ブーケ選びは、結婚式をより特別なものにするための重要なステップ。それぞれのブーケの特徴とドレスとの相性を考慮しながら、最適な一つを見つけてくださいね。

アフターブーケ(ぶるーむ)

ウェディングドレスの基本スタイル

ウェディングブーケにマッチするウェディングドレスの形も、チェックしておきたいポイントです。代表的なドレスのスタイルを6つご紹介します。

1. Aライン

Aラインは、上半身がコンパクトで、ウエスト位置が高く、裾にかけてアルファベットの「A」の形に広がるデザイン。シンプルでありながらエレガントで、多くの花嫁に人気があります。

2. プリンセスライン

プリンセスラインは、上半身にぴったりフィットし、ウエストで切り替えがあり、そこから裾にかけてフレアーで大きく広がるデザイン。お姫様のような華やかさを演出します。

3. ベルライン

ベルラインは、ウエストが絞られ、腰周りがふんわりと膨らみ、裾にかけてストレートに落ちるデザイン。スカート部分がベルの形をしているのが特徴です。

4. マーメイドライン

マーメイドラインは、上半身から膝まではぴったりフィットし、膝下から人魚の尾ヒレのように広がるデザイン。ボディラインを強調し、セクシーかつエレガントな印象です。

5. スレンダーライン

スレンダーラインは、体のラインに沿った細身のデザイン。シンプルでありながら、スタイリッシュで洗練された印象を与えます。

6. エンパイアライン

エンパイアラインは、胸下で切り替えがあり、裾にかけてストレートに落ちるデザイン。柔らかく流れるようなシルエットが特徴で、ナチュラルな雰囲気を演出します。

アフターブーケ(ぶるーむ)

ラウンドブーケにぴったりのドレススタイル

ラウンドブーケはその丸く整ったシルエットが特徴で、どんなウェディングドレスにも合わせやすい万能なブーケです。特に以下のドレスラインと相性が良いです。

Aライン

Aラインのドレスは、上半身がコンパクトで裾に向かって広がるシルエット。ラウンドブーケのシンプルな丸みが、ドレスの美しいラインを引き立てます。

プリンセスライン

プリンセスラインのドレスは、ウエストで切り替えがあり、フレアスカートがふんわり広がるデザイン。ラウンドブーケの可愛らしさが、このお姫様のようなスタイルにぴったりです。

ベルライン

ベルラインのドレスは、ウエストが絞られ、腰回りから裾にかけてまっすぐ広がるシルエット。ラウンドブーケは、このドレスのシンプルなラインを邪魔せず、華やかさをプラスします。

小ぶりのラウンドブーケ

小さめのラウンドブーケは、カジュアルなシーンやナチュラルなウェディングに最適です。レストランウェディングやガーデンウェディングでは、小ぶりのブーケが自然な雰囲気を演出し、可愛らしい印象を与えます。

アフターブーケ(ぶるーむ)

キャスケードブーケに似合うドレススタイル

キャスケードブーケは、流れるような縦長のラインが特徴で、エレガントで格調高い印象を与えます。このスタイルのブーケにぴったりのドレスは、縦のラインを強調したデザインです。

Aラインドレス

Aラインドレスは、ウエストから裾にかけて広がるシルエットが美しく、キャスケードブーケの流れるようなラインと調和します。トレーンが長いAラインドレスなら、さらにエレガントさが引き立ちます。

スレンダーラインドレス

スレンダーラインドレスは、体のラインに沿った細身のシルエットが特徴。キャスケードブーケの縦のラインが、ドレスのシルエットをさらに美しく見せてくれます。シンプルながら洗練された印象を与えたいなら、この組み合わせが最適です。

トレーン付きドレス

トレーンと呼ばれるスカートの引き裾が長いドレスも、キャスケードブーケと相性抜群。トレーンの長さがキャスケードブーケのエレガントさを一層引き立て、華やかで上品な雰囲気を演出します。

避けたいドレス

膝丈のドレスやカジュアルなドレスは、キャスケードブーケのエレガントさとはミスマッチになることが多いです。ブーケの長いラインが強調されないため、あまりバランスが良くありません。

アフターブーケ(ぶるーむ)

オーバルブーケにぴったりのドレススタイル

オーバルブーケは、ふっくらとした楕円形のシルエットが特徴で、どんなドレスにも合わせやすい万能なブーケです。ふんわりとした雰囲気があるため、特に裾が広がるデザインのドレスにぴったりです。

Aラインドレス

Aラインドレスは、ウエストから裾にかけて広がるシルエットが特徴です。オーバルブーケのふんわりとした形が、このドレスの優雅なラインを引き立て、全体のバランスを良くします。シンプルでありながらエレガントな雰囲気を演出するのに最適です。

プリンセスラインドレス

プリンセスラインドレスは、ウエストから裾にかけてふんわりと広がるボリュームのあるシルエットが特徴です。このドレスとオーバルブーケを合わせることで、より華やかでゴージャスな印象を作り出すことができます。特に、大きめの花を使ったオーバルブーケは、プリンセスラインドレスのアクセントとしても効果的です。

シンプルなドレスとの相性

オーバルブーケは、大きな花を使ってもその形が映えるため、シンプルなドレスのアクセントにもなります。装飾が少ないシンプルなドレスにオーバルブーケを合わせることで、ドレス全体の華やかさが増し、バランスの取れたコーディネートが完成します。

アフターブーケ(ぶるーむ)

クラッチブーケにぴったりのドレススタイル

ナチュラルな雰囲気を持つクラッチブーケは、茎を束ねたシンプルでカジュアルなスタイルが特徴です。このタイプのブーケに最も似合うのは、ボリュームのあるドレスよりも、シンプルでスッキリとしたラインのドレスです。

Aラインドレス

Aラインドレスは、ウエストから裾にかけてなだらかに広がるシルエットが特徴です。クラッチブーケと合わせることで、ナチュラルでエレガントな印象を作り出すことができます。シンプルなラインとクラッチブーケの相性は抜群で、洗練されたスタイルを演出します。

マーメイドラインドレス

マーメイドラインドレスは、体にぴったりとフィットし、ひざ下から裾にかけて広がるデザインです。クラッチブーケのシンプルさが、マーメイドラインの美しいシルエットをさらに引き立てます。エレガントでスタイリッシュな印象を与えたいなら、この組み合わせがおすすめです。

スレンダーラインドレス

スレンダーラインドレスは、体のラインに沿った細身のデザインが特徴です。クラッチブーケのナチュラルな雰囲気と、スレンダーラインのシンプルさが見事に調和し、軽やかでモダンなスタイルを作り上げます。

エンパイアラインドレス

エンパイアラインドレスは、胸下で切り替えがあり、裾に向かってまっすぐに落ちるデザインです。クラッチブーケと合わせることで、ナチュラルかつエレガントな印象を与えます。ガーデンウェディングやビーチウェディングなど、カジュアルなシーンにぴったりの組み合わせです。

アフターブーケ(ぶるーむ)

バッグ・ボール・リースブーケに合うドレススタイル

可愛らしい印象を与えるバッグブーケ、ボールブーケ、リースブーケには、ボリューム感のあるドレスがぴったりです。

Aラインドレス

Aラインドレスは、ウエストから裾にかけて広がるシルエットが特徴。キュートなブーケと合わせることで、可愛らしさが引き立ちます。

プリンセスラインドレス

プリンセスラインドレスは、フィットした上半身からふんわりと広がるスカートが特徴。バッグブーケやボールブーケの丸みと、プリンセスラインの華やかさがマッチして、まさにお姫様のような雰囲気を演出できます。

ベルラインドレス

ベルラインドレスは、腰から下にかけてふんわりと広がるスカートが特徴。ボールブーケやリースブーケと合わせることで、さらにゴージャスで華やかな印象になります。

さらにキュートに仕上げたいなら、ふわふわのドレスとハート型のバッグブーケの組み合わせもおすすめです。

和装に合うボールブーケ

和装に合わせるなら、ピンポンマムを使ったボールブーケがぴったりです。丸い形が特徴のピンポンマムは、和の雰囲気にぴったりで、飾り紐や房飾りを付けることで、さらに和装小物のような雰囲気を演出できます。

まとめ

ブーケの形とドレスの相性についてご紹介しましたが、いかがでしたか?ブーケの形によって、合うドレスのスタイルが変わるのは興味深いですね。

バッグブーケ、ボールブーケ、リースブーケのような可愛らしいブーケには、Aライン、プリンセスライン、ベルラインのドレスがよく合います。また、和装にはピンポンマムを使ったボールブーケがぴったりです。

ブーケとドレスの組み合わせ次第で、花嫁の印象は大きく変わります。

なりたい自分のイメージにぴったり合うブーケを選んで、最高の結婚式を迎えてくださいね。

 

最新記事

記事検索

カテゴリー

月別アーカイブ