BLOG

【Instagram いいねランキング “第1位・第2位” を独占】圧倒的な映え感!「Noir ノア ール」のブラックスタイルを徹底研究

2021年11月05日 / Bloom

皆さんこんにちは。
いつも、ぶるーむの記事をご覧いただき誠にありがとうございます。

ここ最近とても寒くなり、急いで冬⽤のジャケットやコート、中にはダウンまで出して、冬⽀度を始めた⽅もいらっしゃると思いますが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか?こんな時は、気温の急激な変化で体調を崩しやすくなると思いますので、皆さんくれ
ぐれもお気をつけくださいね。特に結婚式を控えていらっしゃる新郎新婦さまは要注意です!どうぞ暖かくしてお過ごしください。

さて本⽇は、先⽉ 9 ⽉の“ぶるーむ Instagram アカウント”で「いいね数ランキング」堂々の 1 位、2 位を独占した「Noir ノアール」についてご紹介させていただきます。

Instagram をご覧いただいている⽅はすでにお気づきかと思いますが・・・圧倒的な「映え感」がすごいんです。花の⾊彩や輪郭を美しく描き出し、美しいコントラストで、お花がいきいきと咲いているように⾒えます。

しかし、誕⽣からはまだ 3 年の⽉⽇。こんな素敵な商品がなぜ?と思う⽅もいらっしゃると思いますが、少し前の⽇本では「ブラック」はお祝い事にはタブーな⾊とされていたからです。お気づきのように喪の⾊のイメージからですね。しかし⻄洋絵画では早いうちか
ら⽤いられ特に花を表現するものには多く使⽤されてきています。

そこで、ぶるーむのホームページを通じて、ブラック背景について当時のプレ花嫁さまへ投げかけたところ「ぜひやってください!」「素敵です!」とたくさんのご希望するお声が届き、晴れてデビューすることになりました。ですからこの「Noir ノアール」は皆様か
らの熱いリクエストから誕⽣した商品になります。Instagram のいいね数!が多いのも分かりますね!

そこで今回は、⼈気の Noir ノアールの誕⽣から⼈気商品のご紹介まで、皆さんの「知りたい!」とまとめましたのでぜひご覧ください!

ちなみに本⽇お伝えするのは、⽩⾦台や⻘⼭、湘南の⼤⼿ウエディング会場、那須のリゾートウエディングで25 年間ウエディングプランナーをはじめ新会場の⽴ち上げ、広報・P R・マーケティングに携わってきた、“P R プロデューサーの河⻄ちはる”です。
ウエディングを知り尽くした、私だからこその視点でお伝えしますね。

 

本日の目次

【Instagram いいねランキング“第1位・第2位”を独占】圧倒的な映え感!「Noir ノアー
ル」のアーティスティックなブラックスタイルを徹底研究

  1. 「ブラック背景の世界」を大研究!歴史から紐解くブラック背景の魅力
  2. 注目!ブラック背景を活かした「名刺やアルバム台紙」
  3. 職人直伝!Noir ノアールにおすすめ「ブーケ花材やカラーをご紹介」
  4. Noir ノアール「アートスタイル」誕生

「ブラック背景の世界」を大研究!歴史から紐解くブラック背景の魅力

2 枚の背景がブラックの作品。ブラックが背景の作品は多いとされていますが、⼀⾒ブラ
ックが背景になることによって⼀気に暗い雰囲気になるような気がしますよね。でも実は
そうではなく、より対象物が際⽴ちます。

左の作品は、1505 年制作のラフォエロ・サンティの「⼤公の聖⺟」。この作品は、トスカ
ーナ⼤公であったフェルディナント 3 世が所蔵し、公務のときも、私⽤のときも、⽚時も
⼿放すことはなかったというほど⼤切にしていたことから、このように呼ばれるようにな
りました。

⽩いキャンバスでは表現しにくい「光の差し込みが美しく」表現されていて、描かれてい
る⼈物にスポットライトが当たったような、光の加減がとても綺麗に描写されています。
ブラック背景だからこそ表現できる美しい光の描写作品の⼀つです。

そして右の作品は、巨匠アンドレ・ドラン 1932 年制作「⿊い背景の薔薇」です。漆⿊の
背景に鮮やかな⾊彩で描かれた花がくっきりと浮かび上がっています。⼀⾒、花々は宙に浮
いているようですが、画⾯中央下⽅に点々と置かれたハイライトを辿ると⿊い花瓶が現れ
てきます。この作品も⾒事にブラック背景の特徴を活かし、花の美しさを⼀層際⽴たせてい
ます。

このように、1500 年代以降ブラック背景の絵画は多く⽣まれ、現代のさまざまなアイテム
にこの⼿法が活かされています。次は、そのアイテムについて触れてみますね。

 

注目!ブラック背景を活かした「名刺やアルバム台紙」

近年、ブラック名刺やブラックアルバム台紙が⼤変注⽬を集めています。カッコよくスタイリッシュでお洒落、とても洗練された雰囲気に仕上がることから男性からも多く好まれているようです。

名刺の場合は、箔押し(⽂字⾊をゴールドやシルバー)にすることで⽩⾊よりもより⽂字が際⽴ち⾼級感のある名刺が完成します。インパクトもあり、デザイナー・ライター・アーティストなどの職業や、IT 企業、設計事務所の⽅も多く⽤いられているようです。お洒落を追求される⽅が使⽤されているようで、いただいてみたいものですね。

また台紙がブラックのアルバムは、家族や⽇常の写真を収める際に⽤いられるのはもちろんですが、真っ⽩なウエディングドレスがとても綺麗に引き⽴つので“ウエディングアルバム”時に選ばれることが多いようです。おすすめは、仕上げにカラーペンを使⽤してアルバムにコメントやメッセージを書くと、とっても映えるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

ちなみに・・・クールでスタイリッシュな写真を撮る際にもブラック背景はよく使われます。 背景をブラックにする事でホワイトの背景よりもカッコよく撮影する事ができ、何よりもブラック背景は、写真全体を引き締める効果もあるのでモデル撮影や、料理撮影に
よく使⽤されてます。ぜひご興味のある⽅は、スマートフォンやデジカメでの撮影時に試してみてくださいね。

職人直伝!Noir ノアールにおすすめ「ブーケ花材やカラーをご紹介」

 

さて、お待たせいたしました!ここではぶるーむに在籍する熟練の職⼈の⽅々にお伺いして、Noir ノアールの商品をご紹介しながら、おすすめの花材やカラーを⾒ていきたいと思います。素敵なものが数多くご覧いただけますので、ぜひ額選びの参考になさってみてく
ださいね。

Part1:ウエディングの王道「⽩&グリーン」

花材:ガーベラ、バラ

花材:カラー、オーニソガラム

Part2:⼈気のピンク&パープル系

花材:バラ、カーネーション

花材:バラ、ワックスフラワー

花材:バラ、ワックスフラワー

 

Part3:鮮やかなカラー

花材:ピンクッション、アストランティア、シンピジューム

花材:シンビジューム、カラー

Part4:優しいイエローカラー

花材:バラ、トルコキキョウ

Part5:トレンドカラー

花材:バラ、ヤマシダ(ドライ)

花材:ユーカリ、パンパス、グレビリア

 

Noir ノアール「アートスタイル」誕生

9 ⽉ 1 ⽇にリリースされた新コレクションで発表されたノアールのアートデザイン。コンセプトは、“Everlasting love”。⼩さいブーケを連ねたような デザインは、⽇々の幸せが重なり、幸せ が繋がりますように、という願いが込められています。
インテリアとして⻑く愛せる、特別感のあるデザインです。本物志向の花嫁さまにおすすめです。

オンラインショップをみる

 

まとめ
皆様、いかがでしたでしょうか?
今回の記事では、【Instagram いいねランキング“第1位・第2位”を独占】圧倒的な映え感!「Noir ノアール」のアーティスティックなブラックスタイルを徹底研究をテーマに詳しくレポートさせていただきました。少しでも参考にしていただけたら幸いです。

これからも、ぶるーむの記事では、皆様の知りたい情報にフォーカスして、プロの視点でご紹介させていただきます。この場を通して、新郎新婦様の結婚式準備の参考に、少しでもしていただけたら幸いです。

 

毎⽇、更新するぶるーむの Instagram もぜひご覧ください。
卒花嫁の素敵なプレストフラワー(押し花)アートがチェックできます!

 

皆様のフォローお待ちしております!

ぶるーむ P R 担当
河⻄ちはる

 

ぶるーむのインスタグラムはこちらです!

ぶるーむギャラリーはこちらです!

押し花のお教室はこちらです!

同じカテゴリーの最新記事

  • BLOG

    【今、注⽬の押し花】王妃グレース・ケリーも愛した魅⼒とは

    皆さんこんにちは。 いつも、ぶるーむの記事をご覧いただき誠にありがとうございます。 遂にウエディングのトップマンスリー11月に突入しました!全国的に緊急事態宣言…

    続きを読む
  • BLOG

    【Instagram いいねランキング “第1位・第2位” を独占】圧倒的な映え感!「Noir ノア ール」のブラックスタイルを徹底研究

    皆さんこんにちは。 いつも、ぶるーむの記事をご覧いただき誠にありがとうございます。 ここ最近とても寒くなり、急いで冬⽤のジャケットやコート、中にはダウンまで出し…

    続きを読む
  • BLOG

    【プロポーズの人気季節到来】贈られた大切な花束は、押し花にして一生の宝物に

    皆さんこんにちは。 いつも、ぶるーむの記事をご覧いただき誠にありがとうございます。 遂に10月に入り、今年も残すところ3ヶ月ですね。毎年感じることですが本当にあ…

    続きを読む